バリフ

MENU

バリフとレビトラの違いはなに?

ジェネリック医薬品というのは様々な分野において登場してきています。その中でも色々な分野において登場してきているのですが、ED治療薬の分野においても進出しています。有名なED治療薬としてレビトラがあります。
このレビトラは長年使用されてきたのですが、非常に効果な薬剤です。そこでジェネリック医薬品として登場をしていたのがバリフになるのです。

 

レビトラと同じ成分によって作られているために、その効果というのは同じでED治療薬として有名であったバイアグラの弱点でもある飲食による影響も問題ありません。勃起不全において悩んでいる方にとって、この薬剤はまさに救世主だといえます。

 

とはいっても、このバリフも副作用の報告というのはされていますので、注意をしなければなりません。それは鼻づまりや胃痛、そして頭痛や顔のほてりといったものもあります。

 

これらは基本的に軽度の症状になりますので、たいていの場合には問題がありませんが、心臓血管系の病気を罹患している場合や治療をしている方は十分に注意をしておくようにしなければなりません。ED治療を行いたいのであれば、まずはバリフを購入して、試してみるというのも良いのではないでしょうか。

バリフと効果の持続時間

厚生労働省が認可をしているED治療薬というのは3種類ありますが、そのうちの1つとしてバリフがあります。このバリフの効果というのはゆるやかで、最長で6時間は効果が続きます。

 

効果がゆるやかですので、頭痛などの副作用も比較的少なめですのでおすすめです。短時間しか効果が持続しないこともありますし、個人差も大きいといえます。また、EDの症状であったり、高血圧の治療薬を服用しているのであれば、効果が低くなりやすいですので、物足りないこともあるでしょう。ただ、健康な人が服用をすれば、場合によっては10時間以上効果が持続することもあります。

 

EDの治療薬全般に言えることとしては、EDの症状によっては効果がある時間が異なります。また効果も異なりますので、飲み方は多少難しいED治療薬であるともいえます。

 

もちろん服用をしてしまう場合には勃起機能が失われてしまうことが考えられますので、飲み過ぎには十分に注意しなければなりません。服用は最低限に抑えるようにして、必要以上に効果を期待しない、ということが機能を維持するうえでは重要になります。バリフを服用する場合には以上のことを十分に理解しておくようにしてください。

バリフとインポテンツ

男性は視覚的な刺激、もしくは男性器に刺激を受けた時には男性器の血流量というのは増加します。しかしインポテンツであるとこういった男性器の増大が困難になってしまいます。

 

このインポテンツ改善の治療薬としてよく知られているバイアグラになります。バイアグラが世の中に登場してから、後発薬が製造されるようになり、シアリス、レビトラのような医薬品が作られるようになりました。

 

どの薬剤も大体の効果は同じなのですが、効果の持続時間というのは少しずつ異なります。バイアグラやレビトラの場合には、医薬品の効果の持続というのは服用後4時間程度経過してからです。

 

シアリスの場合には服用後30時間程度です。そしてバリフもジェネリック医薬品であり、ED治療薬として多く使用されています。

 

バリフであれば個人輸入において比較的簡単に購入することができます。そして医薬品自体が安価ですが効果も高いといわれていますので、こういったことがバリフの人気の理由なのです。

 

バリフは服用後15分程度で効果が現れるようになりますので、性行為をすぐにでも行うことができますので使い勝手が良いのです。これから性行為をする、という時にすぐに勃起することができるというのはやはり魅力的ですよね。

チャンピックスの使用禁忌は必読!

チャンピックスは、ニコチン依存症の喫煙者に対する禁煙補助のための飲み薬です。煙草を吸うと、脳のニコチン受容体という部分に結合し、ドーパミンを放出させます。ドーパミンは、脳内麻薬様物質で、快感、多幸感をもたらします。

 

チャンピックスは、この受容体に結合して、ニコチンよりも少量のドーパミンを放出させ、ニコチン切れのイライラ感を減少させます。また、ニコチンが受容体に結合するのを妨害し、煙草を吸った時の満足感を感じにくくします。使用禁忌については、ニコチンを含んだ他の禁煙補助薬です。

 

また、腎臓の病気がある人は使用に注意するよう求められており、胃の薬であるシメチジン(タガメット)との併用は注意が必要です。この薬を服用することにより、めまいを感じたり、まれに意識障害を生じることがありますので、車の運転や危険を伴う機械の操作は絶対に行わないでください。また、この薬は、抑うつ気分や不安感を生じることがあり、精神的な変調をきたす場合がありますので、統合失調症や躁うつ病、うつ病等精神疾患のある人は、症状の悪化に注意する必要があります。ただし、このような精神症状は、この薬とは関係なく、禁煙そのものにより発生することもありますので、おかしいと思ったら医師の相談してください。

 

チャンピックス

 

 

更新履歴